赤ちゃんの便秘に効果的!オリゴ糖で腸内環境を整える

 

かわいい赤ちゃんですが、なぜか最近機嫌が悪い、よくぐずる、だっこをせがむといったことはありませんか?
そんなときは赤ちゃんの便の様子を確認してみましょう。

 

赤ちゃんの便通は毎日きちんとありますか?
普通、ミルクや母乳を飲んでいる間は赤ちゃんの便は水状、もしくは柔らかいため便秘になることは少ないものです。

 

しかし、離乳食を始めて、赤ちゃんの腸内環境が変わってくると、食べ物によっては便秘になってしまうこともあります。
赤ちゃんの便の様子をしっかり観察して、毎日の健康状態のバロメーターにしてみましょう。

 

赤ちゃんの便秘の目安

 

赤ちゃんが離乳食や幼児食を摂っているのに、1日以上便通がない場合は、便秘気味になっていることが考えられます。
また、便が硬かったり、コロコロしている場合も便秘の可能性があります。

 

いつもより機嫌が悪かったり、あまり食欲がないようであればお腹にガスがたまっていたりして、
お腹の調子があまりよくないのかもしれません。
そんなときにはお腹をやさしくマッサージしたり、水分を多めに与えるとともに、オリゴ糖を積極的に与えてみましょう。

 

オリゴ糖ってなに?

オリゴ糖ってお砂糖みたいなものじゃないの?赤ちゃんに与えても大丈夫?と思われるかもしれませんが、
実はオリゴ糖はお腹の調子を整えてくれる、とってもありがたい存在なんです。

 

 

オリゴ糖とはリンゴやバナナ、ぶどうといった果物、玉ねぎ、じゃがいもなどの野菜、
そしてヨーグルトや牛乳、はちみつなどにも含まれている成分です。

 

オリゴ糖自体には整腸作用はありませんが、腸内環境を整えてくれる善玉菌のエサになるんです。
だから、オリゴ糖を定期的にとることで、腸内環境が改善し、便秘の解消にもつながるですね。

 

赤ちゃんの場合、食事からオリゴ糖をとるのは効率が悪いので、
便秘気味の場合は市販のオリゴ糖を利用してみるとよいでしょう。

 

赤ちゃんに与えるものなので、成分が気になるという場合は
天然素材にこだわった赤ちゃん用のオリゴ糖をオススメします。

 

オリゴ糖を摂るとアトピーが改善する?

オリゴ糖を日常的にとり、腸内環境が整ってくると身体の免疫機能が正常に働きます。
このため、花粉症やアトピーなどのアレルギー体質も予防・改善が可能です。

 

オリゴ糖だけでなく、腸内の善玉菌となるビフィズス菌などの乳酸菌を積極的に摂ることも効果的です。
ヨーグルトにオリゴ糖を混ぜて与えるなどすれば、効率的に腸内環境を良くすることが可能ですね。

 

ぜひ、乳酸菌を豊富に含む食品やオリゴ糖を意識して摂取できるようにしていきましょう。
オリゴ糖で赤ちゃんのお腹の調子を整えて、身体の中から健康になれるようにしてあげたいですね。

乳酸菌やオリゴ糖は、赤ちゃんのお腹を救うか?!

授乳期の赤ちゃんは、たいていうんちがゆるいもの。

 

「でもうちの子は、離乳食が始まってもゆるいまま…。本当に大丈夫?」

 

離乳食が始まると便秘になる赤ちゃんが多いのは、事実。
でも、逆の体質の子もいるんです!

 

離乳前なら、多少ゆるくても心配なし!

離乳前は、赤ちゃんはミルクしか飲んでいません。
便を固める「元」がないので、ゆるいうんちでもさほど心配はありません。

 

また離乳直後も、同様です。
離乳期に便秘になりやすい赤ちゃんもいれば、ゆるいうんちが続く赤ちゃんもいます。
便が固まる時期は個人差が大きいので、「離乳食が始まったのに、全然固まらない…」と焦る必要はありません。

 

ただし、
・下痢
・赤ちゃんのお腹がゴロゴロしている
などの場合は別。
すぐにかかりつけ医に相談したいですね。

 

下痢かどうかの見極めは、意外と簡単。

  • いつも以上に便がゆるい
  • いつもより、うんちの頻度が多い(5回以上なら、要注意です)
  • 匂いがいつもと違う(腐った匂いや、すっぱい匂い、嫌な匂いがする)
  • 離乳食で与えたものが、そのまま出てきている

 

これらを確認した上で

  • 鼻水

など、「いつもと違うところ」を観察し、医師に伝えるようにしましょう。

 

また下痢の場合は脱水になりやすいので、水分補給をしっかりと!

 

風邪でお腹にきやすい子には、乳酸菌やオリゴ糖

大人でも「風邪を引くと、お腹にきやすい…」という人、いますよね。
赤ちゃんにもそういう子はいて、「風邪の前後は必ずお腹がゆるくなる」ということがあります。

 

小児科にかかると、たいてい整腸剤を処方してもらえますが、「整腸剤だけでは、効果がない…」という子も。
風邪が治れば、おなかの調子も自然と良くなってきますが、母親としては心配ですよね。

 

そんな時、赤ちゃんにもOKな乳酸菌やオリゴ糖を上手に使うと効果的です。
実は乳酸菌やオリゴ糖は、抗がん剤の副作用を穏やかにしてくれることがあるんですよ。

 

 

なので、医師によっては「薬じゃないので処方は出来ないのですが…」と前置きしてから、
抗がん剤治療の際に乳酸菌飲料やオリゴ糖を摂取するよう勧める人もいるくらいなんです。

 

風邪のときに出される抗生剤が、腸内の有用な菌まで殺してしまうことは、有名ですよね。
だからこそ、早め、早めに乳酸菌やオリゴ糖を与え、元気な腸内にしておくことは、とっても大事なことなんです。

オリゴ糖の種類と効果

オリゴ糖とは糖類の一種で、単糖が2〜10個ほど結合したもの。

 

オリゴ糖は大きく下記の2つに分類することが出来ます。

  • 消化性オリゴ糖
  • 難消化性オリゴ糖

 

難消化性オリゴ糖

腸内環境を整えるために有効なのは、難消化性オリゴ糖。
難消化性オリゴ糖には、こんなものがあります。

 

フラクトオリゴ糖

にんにく、アスパラガス、ねぎ、ごぼう、たまねぎ、大豆、チコリ、バナナなどに含まれるオリゴ糖です。

 

腸内環境だけでなく、虫歯予防、血糖値抑制、高脂血症、
カルシウムやマグネシウムの体内吸収促進にも効果が期待できるオリゴ糖です。


 

大豆オリゴ糖

文字通り大豆に含まれるオリゴ糖です。
大豆オリゴ糖は大豆に含まれるオリゴ糖の総称で、実際には複数のオリゴ糖が含まれています。

 

大豆オリゴ糖のうち、難消化性のオリゴ糖はラフィノースとスタキオース。
どちらも、腸内環境改善、カルシウム吸収促進、免疫力アップなどの効果が期待出来ます。


 

乳果オリゴ糖

ラクトスクロールとも呼ばれているオリゴ糖です。
ヨーグルトにほんの少しだけ含まれている程度なので、
出回っているものの大半はショ糖(サトウキビ)と乳糖(牛乳)から人工的に作られたものです。

 

腸内環境、高脂血症の改善や、免疫力向上などの効果が期待出来ます。
なお、原料に牛乳を用いているため、牛乳アレルギーの人は要注意!


 

ラフィノース

砂糖大根、大豆、キャベツ、ブロッコリー、アスパラガスに多く含まれるオリゴ糖で、
たいていは砂糖大根から作られています。

 

腸内環境改善や免疫力アップのほか、アレルギーの緩和にも効果が期待できるオリゴ糖です。


 

ガラクトオリゴ糖

母乳や牛乳に多く含まれるオリゴ糖です。
腸内環境改善、カルシウムなどのミネラル吸収促進、虫歯予防などに効果が期待出来ます。


 

キシロオリゴ糖

タケノコやトウモロコシに含まれているオリゴ糖です。
ですが、ほんの少ししか含まれていないため、大半はキシラン(※)から人工的に作られています。

 

腸内環境改善はもちろんですが、特に便秘に効果の高いオリゴ糖です。
※食物繊維の一種で、トウモロコシの芯から取れます。


 

イソマルトオリゴ糖

清酒、みりん、味噌、醤油、ハチミツなどに含まれているオリゴ糖です。

 

熱や酸、防腐に強いという特徴があります。
人工的に作る場合は、でん粉を原料としていることが多いですね。
腸内環境改善や虫歯予防に効果が高いオリゴ糖です。


オリゴ糖ってなに?本当に便秘に効くの?

最近、よく耳にする腸内細菌という言葉。
私たちの腸内には100兆個以上の腸内細菌が住んでいるそうです。
この腸内細菌はお花畑のように見えることから、腸内フローラなどと呼ばれています。

 

 

腸は第二の脳と呼ばれるほど、私たちの身体の中で大切な臓器です。
腸内環境が整えば、花粉症やアトピーをはじめとするアレルギー体質の改善が見込めるだけでなく、
自律神経が整いうつ病などの精神疾患まで改善するのです。

 

こんな大切な腸、いたわってますか?
あなたの腸は健康ですか?

 

便秘と腸内環境

近頃、便秘気味で…おなかがぽっこり…なんて話よく聞きますね。
そう、腸内環境が健全かどうかは便通でわかります。

 

健康な腸からは健康な便が生み出されます。
健康な身体であれば通常一日に一度の便通があるの普通で、便の状態もバナナ状で茶褐色であるとされます。

 

汚い話だと耳をそむけるなかれ!
便の状態があなたの身体の健康状態を知る一番のバロメーターなんです!

 

オリゴ糖ってなに?

オリゴ糖とは私たちの腸内に住む善玉菌に必要な成分です。
腸内には善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌といって中立の立場の細菌が住んでいます。

 

善玉菌が増えると…

腸の中に善玉菌が増えれば、腸内環境がよくなり便秘も解消されます。
その結果、身体の免疫力が上がり、風邪にかかりにくくなったり肌がきれいになったりします。

 

悪玉菌が増えると…

反対に悪玉菌が増えると、便秘や下痢、肌荒れ、アレルギー体質の悪化といったうれしくない状態が引き起こされます。

 

このために、まずは腸内に善玉菌を増やすことがとても重要です。

 

この時に必要になるのがオリゴ糖。
オリゴ糖とはリンゴやバナナ、ぶどうといった果物、玉ねぎ、じゃがいもなどの野菜、
そしてヨーグルトや牛乳、はちみつなどにも含まれている成分です。

 

オリゴ糖自体には整腸作用はありませんが、腸内環境を整えてくれる善玉菌であるビフィズス菌のエサになるんです。
だから、オリゴ糖を定期的にとることで、腸内環境が改善し、便秘の解消にもつながるんですね。

 

便秘解消のためにできること

 

オリゴ糖を摂取

まずはオリゴ糖を多く含む食品を積極的に摂るようにしましょう。

 

足りない分はオリゴ糖のサプリメントで補給することができます。
カプセル状やシロップ状、粉末などいろいろな形態のオリゴ糖が販売されています。
成分や飲みやすさなど、自分の好みにあったものを飲むようにするといいですね。

 

乳酸菌を摂取

また、腸内の善玉菌になるビフィズス菌などの乳酸菌を摂ることも大切です。
毎日の習慣として、ヨーグルトにオリゴ糖、または乳酸菌を豊富に含む、
豆・漬物・みそなどの発酵食品も積極的にとるようにしたいですね。

 

食物繊維を摂取

さらに食物繊維も大切。
野菜や果物をバランスよくとって、健康的な生活を送りましょう。

 

健康の秘訣はまずは腸内環境の改善です。
便秘を解消して、身体の中からしっかり健康を守って行きましょう。

離乳食がスタートした赤ちゃんの便秘対策にもなるオリゴ糖

赤ちゃんが離乳食を食べ始める頃になると便秘になる場合があります。
離乳食を食べると母乳や粉ミルクを取る量が減ります。
つまり水分量が足りなくなってしまうのです。

 

腸がまだしっかりと機能していないことも理由の一つですが、それまで守られてきた腸内細菌の変化も関係しています。
母乳には赤ちゃんの腸管でビフィズス菌を増やすオリゴ糖が含まれています。

 

かつて便秘になる赤ちゃんが多かった粉ミルクも最近はほとんどの製品にオリゴ糖が使用されています。

 

赤ちゃんは便秘になっても訴えることができません。

 

食べ物を口にすれば便が固形に変わってきますので便の固さ、回数、お尻の状態をきちんとチェックし
泣き方や食べ方、飲み方等をよくみてください。

 

お腹が膨れている、便に血が混じっているなど、明らかにおかしいと気づいたら
病気の可能性がないかどうか確認するために必ず医療機関を受診しましょう。

 

疾患でなければ、赤ちゃんに負担のかからない方法で便秘を解消してあげてください。

  • お腹のマッサージ
  • 体を動かす

赤ちゃんとスキンシップを取りながらお腹のマッサージをするのもいいですし、
ハイハイや伝い歩きができる赤ちゃんでしたら、日中は適度に体を動かすようにして腸の動きを活発にしていくといいと思います。

 

母乳時代と同じ腸内環境に!

できれば、母乳と粉ミルクのみで過ごしていた時期と同じように腸内に良い菌がいっぱいいる環境を作っていきましょう。
そのためには善玉菌のエサとなるオリゴ糖が欠かせません。
しかし大人と同じオリゴ糖を与えても大丈夫なのかが気になりますね。

 

 

市販のオリゴ糖には様々な種類のオリゴ糖が使われていて、それぞれ作られる工程、働きが違います。

 

通販でだけ購入できる人気の高い製品は、そうしたオリゴ糖の良さを活かし組み合わせて作られています。
こうした製品はメーカーにて放射能レベル検査もきちんと実施していて安全性が確認されているため、
実際に赤ちゃんへ使用している方も多いです。

 

子育て中は赤ちゃんの世話に追われて自分自身も水分不足やストレス、トイレに行く時間が確保できないことから便秘になってしまうことがあるので、一緒に使っていける点では便利だと思います。

 

しかし、市販のものに比べると研究に研究を重ね開発された製品だけに価格は若干高めです。
どれを選ぶにせよ、使う対象が赤ちゃんですから安心・安全を一番に考えましょう。
腸内から健康な子どもに育っていけるよう納得できる製品を探してみてくださいね。

流れを促す!赤ちゃんの便秘解消法!

現在3ヶ月の男児のママです。
我が子はうんちが出ない時間が長いと、顔を真っ赤にして力んだりして、おっぱいの飲みも悪くなってしまいます。
苦しくてバタバタしながら泣くのですが、苦しんでいる姿はやっぱりかわいそうですし、なんとかしてあげたいですよね。

 

まずは運動!

スキンシップも兼ねて、あんよの運動です。

 

両足のふくらはぎを持って声を掛けながら上下に動かします。
股関節に負担をかけないようにM字に開脚して、足踏みのように交互に動かしたり、腿をお腹に付けたりします。

 

赤ちゃんの身体はとても柔らかいですが、つかむ手も動かす動作も無理のないくらいの力加減でやりましょう。
あまりに泣いてバタバタしている時は痛いのも…。かわいそうなのでやめておきます。

 

 

 

 

続いてお腹のマッサージ!

あんよの運動で身体が温まってきた所で、お腹(腸)のマッサージです。

 

うんちの流れを腸の流れにそって促すように、おへその下から時計回りに円を描くようにゆっくりマッサージします。
強く押しすぎても内臓に良くないので、程よい力加減にしてくださいね。

 

コツは脚の付け根まで大きな円を描くように流してあげることです。

 

写真は服の上からやっていますが、寒くなければ裸でやってあげてください。
たまに腸が動いてポコポコと音がすることもあります。

 

 

次は脚の付け根の上あたりをやさしくゆっくりつまみます。

 

こちらも力加減には注意です。
円を描くマッサージとつまむマッサージを交互にゆっくりやってもいいと思います。

 

 

ちょんちょん刺激!

最後におしりの穴付近を刺激します。
おしり拭きで穴付近をちょんちょんっと押し拭きをして出てきてねー!と願掛けをします(笑)

 

 

これを一通りやると、我が子はいつも1時間以内には出ます!

 

首が据わってからは縦抱きをして腰をさすったりぽんぽんしてあげたりもします。
うんち自体がまだ柔らかいので揺れや刺激でも流れが良くなるみたいです。
力んで苦しい時間は短く、ごきげんで過ごせればいいですね。